2022年09月27日

訪問リハビリテーション振興財団からのお知らせ 令和4年度 在宅リハビリテーション従事者研修会≪通所介護編≫申込延長

【オンライン開催】
令和4年度 在宅リハビリテーション従事者研修会≪通所介護編≫

【主催】リハビリテーション専門職団体協議会
(日本理学療法士協会・日本作業療法士協会・日本言語聴覚士協会)

【要旨】
少子高齢社会対策として、地域包括ケアシステムの構築と、持続可能な社会の実現に向けて、矢継ぎ早に社会保障制度が見直されています。在宅リハビリテーションにおいては、高齢であっても、認知機能の低下があっても、障害があっても、病気療養をしていても、心身機能の回復だけでなく、その人の持っている強みを活かして役割や社会参加活動につなげる暮らし作りが求められています。一方、これまで通所介護に従事する療法士のための系統的な人材育成プログラムがなく、各事業所において手探りでの運営がなされてきた経緯があります。そこで、本研修会において、通所リハビリテーションにおける運営の基礎から、実務の具体的な進め方、これからの療法士の役割に関してトータルに学びたいと思います。
※Zoomを利用したオンラインセミナーとなります。

■日 時 2022年10月22日(土)〜23日(日)
■対象者 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
■ホームページ http://www.hvrpf.jp/4146
■お申込みURL https://fs219.xbit.jp/n954/form13/  2022/9/30(金)締切→2022/10/10(月)締切
posted by Tochigi-ST at 18:16| 研修会案内

2022年09月14日

公益社団法人発達協会主催研修会の案内

≪イベント名≫
発達協会主催 秋のオンラインライブセミナー【10/9】
幼児期・学童期に育てたい集団参加の力―感情のコントロールへの対応も含めて
≪概要≫ 
集団への参加が苦手な子どもの背景にある特性とは?求められる関わりとは?社会性の発達段階を評価し、どの子にもわかりやすい環境調整と特性をふまえたアプローチを学ぶセミナーです。
≪講師≫
小倉 尚子(発達協会)・三島 節子(LD発達相談センターかながわ)
≪日時≫
2022年10月 9日 13:00〜16:20
≪料金≫
4,400円(税込み)
≪PeatixイベントページURL≫
https://peatix.com/event/3303530

≪イベント名≫
発達協会主催 秋のオンラインライブセミナー【10/16】
衝動的な行動への理解と対応―応用行動分析(ABA)の視点から
≪概要≫
クラスの中で数人が該当することも珍しくない、衝動的な行動を示しやすい子どもたち。幼児から学齢期のお子さんを対象に、衝動的な行動の背景や望ましい行動を教えるための具体的な対応を講義します。
≪講師≫
井上 雅彦(鳥取大学大学院医学系研究科)
≪日時≫
2022年10月16日 13:00〜14:30
≪料金≫
2,200円(税込み)
≪PeatixイベントページURL≫
https://liveseminar2.peatix.com

≪イベント名≫
発達協会主催 秋のオンラインライブセミナー【11/27】
ワーキングメモリの働きをふまえた学習支援の実際−発達障害のある子を中心に
≪概要≫
一時的に記憶したり、複数のことを同時に進めたりする脳の働きといわれているワーキングメモリ。読み書き、文章理解、算数について、ワーキングメモリの特性に配慮した具体的な指導・支援法をお伝えするセミナーです。
≪講師≫
河村 暁(広島文化学園大学)
≪日時≫
2022年11月27日(日) 13:00〜16:20
≪料金≫
4,400円(税込)
≪PeatixイベントページURL≫
https://liveseminar3.peatix.com

≪イベント名≫
発達協会主催 秋のオンラインライブセミナー【12/4】
ことばの育ちを支援する―支援者として大切なこと
≪概要≫
「ことば」の発達を促すためには、個性豊かな子どもたち、一人ひとりを理解することから始まります。ことばの発達の道すじなど、専門職として必要な知識も整理しながら、子どもや保護者と関わる際の「心構え」についてもお伝えします。
≪講師≫
中川 信子(子どもの発達支援を考えるSTの会)
≪日時≫
2022年12月4日(日) 13:00〜16:20
≪料金≫
4,400円(税込)
≪PeatixイベントページURL≫
https://liveseminar4.peatix.com

――以下共通――
≪申し込み方法≫
Peatixイベントページの「チケットを申し込む」ボタンよりお手続きをお願いします。
Peatixのアカウントが必要です。アカウントをお持ちでない方は新規登録をお願いします。

≪注意事項≫
・Zoomウェビナーを使用します。
・アーカイブ配信は行いません。
・原則クレジットカードでのお支払いになりますが、公費による銀行振込でのお支払いにも対応いたします。詳しくは各セミナーのページをご覧ください。

≪お問い合わせ≫
公益社団法人 発達協会 
〒115-0044 東京都北区赤羽南2−10−20
電話:03-3903-3800 ※9:30〜17:00(平日)
メール:mail@hattatsu.or.jp ※件名は「ライブセミナーについて」とご記入ください。

2022gougai.pdf
posted by Tochigi-ST at 18:34| 研修会案内

2022年09月13日

第11回日本がんリハビリテーション研究会の案内

今年度は名古屋大学を幹事に「がんリハビリテーションの多様性」をテーマとしまして多職種からの参加、発表を募っております。
https://11canreha.webgakkai.com/

頭頸部癌、食道癌、脳腫瘍等、私たちSTの専門領域に特別強いニーズを持った患者さんも多く、今後サバイバーの増加からも発展が望まれる分野と考えております。全国STの皆さまからのご参加、ご発表をいただければ幸いと存じます。
posted by Tochigi-ST at 18:08| 研修会案内

2022年09月10日

訪問リハビリテーション振興財団からのお知らせ 令和4年度在宅リハビリテーション従事者研修会≪通所リハ編≫の案内

【オンライン開催】
令和4年度在宅リハビリテーション従事者研修会≪通所リハ編≫
【主催】
リハビリテーション専門職団体協議会
(日本理学療法士協会・日本作業療法士協会・日本言語聴覚士協会)

【要旨】
少子高齢社会対策として、地域包括ケアシステムの構築と、持続可能な社会の実現に向けて、矢継ぎ早に社会保障制度が見直されています。在宅リハビリテーションにおいては、高齢であっても、認知機能の低下があっても、障害があっても、病気療養をしていても、心身機能の回復だけでなく、その人の持っている強みを活かして役割や社会参加活動につなげる暮らし作りが求められています。一方、これまで通所リハビリテーションに従事する療法士のための系統的な人材育成プログラムがなく、各事業所において手探りでの運営がなされてきた経緯があります。そこで、本研修会において、通所リハビリテーションにおける運営の基礎から、実務の具体的な進め方、これからの療法士の役割に関してトータルに学びたいと思います。Zoomを利用したオンラインセミナーとなります。

■日時:2022年12月17日(土)〜18日(日)
■会場:オンライン開催
■ホームページ:http://www.hvrpf.jp/4209
■お申込みURL: http://fs219.xbit.jp/n954/form13/
posted by Tochigi-ST at 13:40| 研修会案内