2022年09月25日

令和4年度失語症者向け意思疎通支援者養成研修2日目

本日は失語症者向け意思疎通支援者養成研修の2日目です。本日は失語症役になり障害体験をしました。言いたいことを伝えられないもどかしさや分かってもらえないもどかしさを体感しました。また、理解面を補う会話技術、表出面を補う会話技術を学び、失語症役と支援者役になり、会話技術を用いて会話の練習をしました。慣れない会話技術に戸惑いながらも、上手に会話されていました。

研修会の様子

7662842D-185B-4507-9B37-757BCBBFCE9B.jpeg

72965C61-4081-4D74-A7DE-E70F1D224CF4.jpeg
posted by Tochigi-ST at 16:45| 活動報告

2022年09月16日

初めての情報交換会を開催しました

本日は、当士会の活動を皆様に知っていただくことを目的に、各病院の先生方に向け、webでの情報交換会を開催しました。内容としては、協会との一本化、実習指導者養成研修や当士会で行っている失語症者向け意思疎通支援者養成研修、リハビリテーション専門職協会、災害リハビリテーション、研修会などの話をさせていただきました。多くの先生方に参加していただき、顔が見える関係作りができたことは良かった、県士会の活動が理解できたなどの感想や研修会開催にあたってのご意見などをいただきました。当士会としても会員からの声を聞くことができ、今後の活動の糸口つかむ機会になりました。参加してくださった先生方ありがとうございました。
posted by Tochigi-ST at 21:25| 活動報告

2022年09月11日

令和4年度失語症者向け意思疎通支援者養成研修が始まりました

今年度も失語症者向け意思疎通支援者養成研修が始まりました。本日はパルティにて、開講式と講義を行いました。開講式では栃木県保健福祉部障害福祉課社会促進担当の金子様より挨拶をいただきました。講義は失語症概論、失語症のある人の日常生活について、意思疎通支援者の心構えや業務などを学びました。当事者の鳥羽田さんよりお病気になった経緯やお病気後の生活、心情をお話ししていただき、受講者の方も失語症という障害を理解しやすくなったのではないかと思います。研修会は今年度で3年目になりました。5名の受講者とともに全8日、40時間頑張ってまいります。

鳥羽田さんよりお話いただいたことの原稿をいただきました。ありがとうございます。
鳥羽田さん原稿.docx

研修会の様子
IMG_6525.JPG

IMG_6522.JPG

IMG_6520.JPG
posted by Tochigi-ST at 19:40| 活動報告

2022年06月12日

第5回一般社団法人言語聴覚士会総会を開催しました

6月12日(日)オンラインと会場(コンセーレ)にて総会を開催しました。基調講演には、国際医療福祉大学成田キャンパスの倉智雅子先生をお迎えし「これからの言語聴覚士とは」というタイトルでご講演いただきました。言語聴覚士の歴史と今後、日本だけでなく海外での動き、倉智先生が経験された時代背景と人生設計等興味深いお話を楽しく聞くことができました。また、先生が研究された前舌保持嚥下の誕生秘話も聞くことができ、研究と日々の臨床が結びつくことも感じることができました。講演の後は総会を行い、議案は賛成多数で可決されました。
posted by Tochigi-ST at 18:21| 活動報告

2022年05月08日

令和3年度県士会冬期研修会を開催しました

5月8日(日)WEBにて冬期研修会を開催しました。講師は一般社団法人日本言語聴覚士協会副会長 春日居サイバーナイフ・リハビリ病院の内山量史先生に「地域包括ケアの時代に言語聴覚士が果たす役割とは〜都道府県言語聴覚士会の活動を考える〜」と題し、制度を絡め、今までの背景や言語聴覚士が求められる地域包括ケアシステムを分かりやすくご講義いただきました。また、山梨県言語聴覚士会での介護予防事業、災害、特別支援教育、失語症、認知症への支援、他士会・他団体との連携等の話も聞くことができ、学ぶことが大変多い研修会でした。

posted by Tochigi-ST at 18:24| 活動報告