2022年01月20日

チーム医療推進協議会主催研修会の案内 演題募集延長と参加申込の受付開始

2021年度チーム医療推進学会は、今年度もWEBでの開催といたします。テーマは、「Withコロナ時代のフレイル予防対策とチーム医療」として開催いたします。本学会は、チーム医療をさらに推進することを目的に開催するもので、特別講演、シンポジウムを企画しています。研究発表では実践報告、事例報告、現場での取り組み、課題、ケーススタディ等、日頃の成果をご披露いただきますようお願いいたします。実りある大会となりますよう、多数の参加をお待ちしております。

※演題募集を1月15日(土)までとしていましたが、来週の22日(土)まで延長となりました。
※参加申込の受付が開始されております。


日時:2022年2月27日(日) 10:00〜17:00
主催:チーム医療推進協議会
大会長:日本視能訓練士協会 南雲 幹 会長
テーマ: With コロナ時代のフレイル予防対策とチーム医療
会場:オンラインによる Live 配信
参加登録:令和4年2月19日にて締切
参加費:2,000 円
参加申込:以下のURLから申し込みください。
https://team-med2021.peatix.com/

【プログラム】
一般演題発表:10:00〜13:00
  指定テーマ (1)フレイル対策について
        (2)コロナ感染対策への取組、そしてこれから
  募集演題数  18 演題を予定

シンポジウム:14:00〜17:00
  (1) 基調講演:With コロナ時代のフレイル進行予防と〜チーム医療に期待すること〜
      講師:東京大学高齢社会総合研究機構 機構長 飯島 勝矢 氏
  (2) シンポジウム:テーマ「With コロナ時代のフレイル予防対策とチーム医療 」

【演題募集】
演題登録期間:2022 年1 月22 日(土)まで
演題応募方法:演題を登録しようとする方は、演題応募用紙をダウンロードし、発表要旨(200 字以内)、
必要事項を記入の上、E-mailアドレス(gakkai★team-med.jp)まで送付をお願いします。※★を@に変えてください

【発表形式】
口述発表(テーマ演題)(発表時間7分、質疑応答3分)
(発表スライドは、動画保存し事前に提出していただく予定です。
 発表方法の詳細は、演題採択決定後に連絡します。)
テーマ:(1) フレイル対策について
    (2) コロナ感染対策への取組、そしてこれから
    (実践報告、事例報告、現場での取り組み、課題、ケーススタディ等)

【抄録の登録】
演題を応募した方は、抄録用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上、
E-mail アドレス(gakkai★team-med.jp)まで送付をお願いします。※★を@に変えてください
抄録登録締切:2022年2月4日(金)厳守

【抄録】
抄録は、少なくとも【目的】【方法】【結果】の内容を含み,1200 字以内でわかりやすく記述してください。
(図表等については、用紙内に収まるよう挿入してください。)

チーム医療推進協議会HP
http://www.team-med.jp/archives/news/2021-12-13
posted by Tochigi-ST at 19:49| 研修会

2022年01月18日

言語聴覚療法臨床研究会主催研修会の案内

本セミナーでは、講師の柴本先生の臨床経験や研究内容を交えながら、頸部聴診について分かりやすく解説いただきます。是非皆さまのご参加をお待ちしております。

テーマ「摂食嚥下障害と頸部聴診 -何を聴き何を得るか-」
講師  柴本 勇先生(聖隷クリストファー大学)
日時  2022年2月23日(祝) 13:00〜15:30
Zoomによるオンライン方式
対象  言語聴覚士 ほか
参加費 言語聴覚療法臨床研究会会員 無料
    非会員:3,000円
申し込み方法 下記の申し込みフォームからお申込みください。
https://forms.gle/6fbuUnAY1iymusHu5
申込締切 2022年2月15日(火) 定員になり次第締め切りとなります。

言語聴覚療法臨床研究会 
広報担当 高田・中村


第7回技術セミナー「摂食嚥下障害と頸部聴診ー何を聴き何を得るかー」申し込みフォーム

forms.gle
posted by Tochigi-ST at 18:28| 研修会

2022年01月14日

訪問リハビリテーション振興財団主催研修会の案内 訪問リハビリテーションフォーラム2021

≪訪問リハビリテーションフォーラム2021≫
〜在宅における食支援〜
訪問リハビリテーションにおける食事・栄養・口腔・運動の重要性を再確認するとともに、「在宅における食支援マネジメント」の在り方を介護支援専門員等と共に考え、さらなる連携強化の機会とする。

[特別講演]
「 在宅における食事支援実態と必要性」
講師:おやま城北クリニック 理事長 太田 秀樹氏(医師)

[シンポジウム]
「在宅における食支援」〜評価と実践〜
介護支援専門の立場から(問題提起)
言語聴覚士の立場から(摂食・嚥下)
作業療法士の立場から(食事動作)
理学療法士の立場から(フレイル)
管理栄養士・栄養士の立場から(栄養管理)

■日程:2022年2月5日(土)10:00-12:00
■オンライン開催(zoom)
■対象者:介護支援専門員、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 、管理栄養士・栄養士
■参加料:各主催者協会の会員無料・非会員 1,000 円
■申し込み:定員1000名(先着順) 定員に達し次第受付を終了いたします。

 申込URL https://forms.gle/xHChTW9AWnbHM5Cj6

■パンフレット:http://www.hvrpf.jp/wp-content/uploads/2022/01/f1eafbf3b23dd2639b1a50e8f2a3267b1.pdf

【主催】
公益社団法人日本理学療法士協会
一般社団法人日本作業療法士協会
一般社団法人日本言語聴覚士協会
一般社団法人日本介護支援専門員協会

訪問リハビリテーションフォーラム2021〜在宅における食支援〜申し込みフォーム
forms.gle
posted by Tochigi-ST at 18:18| 研修会