2021年07月27日

(株)メディカル・クリエイティブ セミナー事業部 three-S主催研修会の案内

【題名】
決め手は聴く力!基礎から導く構音障害の評価とアプローチ ー音声学?音響学?運動学ー【基礎編】【実践編】

【内容】
臨床のあと一歩を引き出すために必要な評価・アプローチ!!構音障害の評価は、1音の評価だけでは不十分です。誤り音がどのような構音運動パターンて起こっているのかを把握しなければなりません。患者さんが発せられる言葉をいかに正確に分析できているか……患者さんの発話からどんな問題を抽出するのか……その問題をどうやって解決していくのか……
「音声学」×「音響学」×「運動学」の視点を掛け合わせる事で、より正確な評価とアプローチみ導き出すことができます。このセミナーでは、STの「聴く力」をレベルアップし、患者さんの「発音」から「運動」を予測して、アプローチにつなげる力『臨床力』を高めます。一つの歪み音であっても、それを引き起こしている構音運動の原因は多岐にわたります。どの音が誤っているかの評価ももちろん重要ですが、誤った音がどのような構音運動をした結果、起きているのかを評価しアプローチすることで、より患者さんの構音は綺麗になります。発音の誤りは、どのような構音運動パターンがあるのか?それに対しどのようなアプローチを行うのが良いのか?これらを実現することで「患者さんのあと一歩」を引き出すことに繋がります。
あと一歩で構音が綺麗になる・・・。こんな思いを抱きながらリハビリをしている方、一緒に『聴く力』を鍛える練習をしていきましょう!『聴く』練習から、『運動パターン』の弁別練習、『アプローチ』の繋げ方まで、じっくり構音障害について学ぶ2日間になっています。皆さんのご参加お待ちしております。

【1日目 基礎編:分析力を高める】
1.基礎を振り返る
(1)能動構音器官と受動構音器官
(2)音の生成と舌の運動
2.音声学×音響学×運動学を臨床に応用する
(1)なぜ、音声学、音響学、運動学が必要なのか
(2)STの仕事は言語療法でHOPEを叶えること
(3)舌の癖にはパターンがある  
(4)音素の特徴を頭に入れる?
3.聴く力〜音素を評価する〜※正常のパターン
(1)舌の癖を見極める
(2)目の前の現象を評価する
(3)音の粒は音素によってできている
(4)歪みから舌の運動を予測する*正常の発音(短文)
(5)とにかく聴いてイメージ!
4.モデルケースを見てみよう
(1)構音評価


【2日目 実践編:正常と異常とは】
1.構音障害のアプローチの流れ
(1)音声学の流れ
(2)何がなぜ悪いのか
(3)評価をアプローチに活かす
2.聴く力〜音素を評価する〜※異常のあるパターン  
(1)舌の癖を見極める
(2)目の前の現象を評価する  
(3)音の粒は音素によってできている  
(4)歪みから舌の運動を予測する   
(5)とにかく聴いてイメージ!
3.評価から生まれるアプローチ  
(1)HOPEは“発音が良くなること”
(2)まずは癖がない状態に!
(3)舌の筋力と感覚を大切にする
(4)できないことを練習する
(5)正しい発音方法を再学習する?
4.モデルケースを見てみよう!  
(1)構音評価     
(2)問題点の抽出   
(3)アプローチ方法を考える   

[セミナー講師]
言語聴覚士
林 桃子 先生
遠隔言語療法のパイオニア
病院勤務を経て、現在は機能性構音障害や吃音の方達を対象にSkypeを使用した遠隔言語療法を行う。その他、言語療法に関するコラム連載、通信教材の執筆、専門学校の専任講師としても活動中。

【講演詳細】
■日時:2021年《基礎編》8月28日(土)《実践編》8月29日(日)
10時〜16時(終了時間は目安となります)

■参加費:一日参加8,800円(税込)両日参加13,400円(税込)
※オンラインコミュニティー会員は1,000円OFF

■お申し込み:https://ws.formzu.net/fgen/S90707906/

■ホームページ:https://three-s-st.jimdofree.com/

■主催:(株)メディカル・クリエイティブ セミナー事業部 three-S
posted by Tochigi-ST at 20:12| 研修会